料金受取人払とは

日本郵便の資料と当社の経験をもとに「料金受取人払」についてまとめてあります。
料金受取人払いの手続き、申請の際に、ご参考にしてください。 

料金受取人払いの「特徴」

  • ・「ハガキ」「封筒」の郵便代金(送料)を、「差出人」ではなく、『受取人』が負担(支払う)するサービスです。
  • ・相手にお願いする立場の会社・個人が利用します。
  • ・大量に印刷・配布して、実際にアクションを起こしてくれた分の「郵便代金(送料)」と「手数料」だけを払えばいいので、郵便コストを削減できるのが魅力。差出人に料金をご負担いただかないため、回収率UP、信頼性が向上します。アンケートや注文ハガキには最適です。
  • ・料金受取人払いは、日本郵便(郵便局)のオリジナルのサービスです。

料金受取人払いの「用途」

  • 郵便局の料金受取人払いは下記のように、様々な用途でご利用いただけます。
  • アンケート回収 注文はがき 契約書の受取り 出欠返信ハガキ など

料金受取人払いの「手数料」

  • ・配達時に、その都度、郵便局員へ支払い。【郵便代 + 21円】
  • ・郵便局の私書箱へ配達する場合【郵便代 + 15円】
  • ・料金後納(月極払い)の場合【郵便代 + 15円】
  • ・料金後納(月極払い)であり、郵便局の私書箱へ配達する場合【郵便代 + 10円】
  • ※後納とする場合は、原則として所定の担保が必要になります。
料金受取人払いの表記

オプション

  • ・料金受取人払いには、「速達」「新特急郵便」「書留」「特定記録(※)」を機能として追加することも可能です。詳細は郵便局webサイトをご参照ください。
  • ※特定記録を付加することができる郵便物・荷物の種類は、手紙(定形・定形外)、はがき、ゆうメール(旧冊子小包)、心身障がい者用ゆうメールです。
  • 【オプション参考】
  速達 簡易書留 書留
表示 必要 必要 必要
加算手数料

250gまで +280

1kgまで +380円

4kgまで +650円

+¥310 +¥430※※
宛先への配達方法 郵便受投函 手渡し(受領印 あり) 手渡し(受領印 あり)
配達完了記録のタイミング - 配達完了後 配達完了後
申込手続き 郵便局窓口 郵便局窓口 郵便局窓口
損害賠償 なし 5万円まで 10万円まで※※
  • ※※  5万円ごとに+21円手数料を加算することによって上限500万円まで

料金受取人払いの「最長有効期限と最低枚数」

  • ・有効期限は最長2年間までです。それ以降は、再申請が必要です。
  • ・100枚以上配布することが必要です。

料金受取人払いの「申請、手続きに必要な書類」

  • ・郵便局の料金受取人払い手続きに必要なものは以下の通りです。ひとみ印刷所では印刷予定のゲラ(見本)と印刷予定の用紙2枚を料金内でお作りしています。

料金受取人払用申請書類

ポイント1

ポイント2

手数料の種類 料金受取人払
承認申請書
印刷予定の
ゲラ(見本)
印刷予定の
用紙(封筒)
本人など
確認資料
担保金
その都度払い ○※2
月極め払い※1 ○※2
「後納(月極め払い)の必要書類」※1 について
(後納申請のための必要書類は、郵便局によって対応に違いがあるようです。申請の際には必ず申請局へお問合せください。)
後納(月極め払い) をご希望の場合は、以下も手続きに必要です。
【本人など確認資料】
(ア)法人の場合 「登記簿謄本・抄本」か「印鑑登録証明書」のいずれか1通
(イ)個人の場合 「運転免許証」「パスポート」「住民票(写)」「健康保険証」のいずれか1通
【担保金】
詳しくは、郵便局にお問い合わせ下さい。
・概算額が、50万円未満の場合は、担保金免除の可能性があります。
・上記担保金免除を申請の際には「担保金軽減・免除申出書」が必要となります。
・別途の書類(郵便局からもらって下さい)と、10万円以上の残高証明書もしくは、通帳。
※2 について
申請書(料金受取人払承認請求書)
※当社で利便性向上のため設置したものです。どの郵便局(直営店)でも申請できると思われますが、100%ではございませんので、予めご了承下さい。

料金受取人払いの申請、手続きをする郵便局

  • ・料金受取人払いの申請、手続きは郵便を受取りたい住所の、直営店(旧:集配局)で、手続きを行います。
  • →直営店検索
  • ※上記で自分が申請手続きに行くべき郵便局を探して下さい。

料金受取人払いの「バーコードの表示義務」

  • ・料金受取に払いの郵便物は、ハガキや定形郵便サイズの封筒には、バーコードを必ず付けなければなりません。また、郵便局側の指導により、定形郵便サイズ以上のサイズ(定形外郵便)でも、付けなければならないケースがあります。
料金受取人払バーコード
〈バーコード2重チェックのお願い〉
バーコードに関しては、社内生成をしておりますが、チェックは2重のチェックを基本としております。
(A)当社で生成したバーコードを、郵便局側のバーコードチェッカーにかけてもらい、合っているかを確認してもらう方法。
(B)郵便局側が出す「バーコード表(プリントアウト)」を、当社にFAX・郵送してもらい、当社生成のバーコードと照合をかける。(→バーコード表サンプル)
・上記のいずれかの方法にて、2重チェックを行っております。
2重チェックを行わないで、印刷工程へ進行は出来ませんので、ご協力のほど、御願い致します。

ポイント3

ポイント4


注文はこちらから

 

 

  詳細の料金は、以下よりお進み下さい。(3000枚以下まで100枚単位にて対応中)

  • 両面はがき
  • 往復はがき
  • 長3封筒
  • 角2封筒
  • 他のサイズ

 

  その他、申請についてのご相談などにつきましては、以下をご利用下さい。

  お問い合わせ

  TEL.03-3261-9560